【注文住宅】狭い家にも魅力はある?狭い家のメリット・デメリット

マイホーム家づくり
スポンサーリンク

まもなくマイホームが完成する我が家ですが、新居は今の借家よりも延べ床面積が約10坪小さくなります。

新居の延べ床面積は30坪ほどです。

ただ、我が家の場合、狭い家を希望して建てたので広くなくて良いと思っています。

そんな我が家ですが、今回は狭い家を希望した理由も交えつつ、狭い家のメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

ちょこぱん
ちょこぱん

この記事はこれからマイホームを建てる、若しくは建売を買う予定の人におすすめの内容となっております。

狭い家のメリット

まずは、狭い家のメリットについて見ていこうと思います。

建築費用が安い

家とお金

狭い家は広い家よりも建築面積が減る分、建築費用は安くなります。

決して安くないマイホームですので、建築費用が安くなるのは狭い家の1番メリットではないでしょうか。

我が家も、元々狭い家を希望していましたが予算的に広い家は不可能でした。

光熱費が安くなる

狭い家の方が広い家よりも冷暖房効率が良いので、光熱費が安くなります。

家で生活する限り発生する毎月の光熱費は削るのが大変なので、最初から光熱費が安く済む家はありがたいですよね。

我が家の場合、今住んでいる借家は広いのですが、光熱費がかかるので今後光熱費が安くなると思うと嬉しいです。

掃除する面積が狭くて住む

狭い家は掃除をする面積も少なくて済みます。

私は特にズボラなので、広い家だと掃除に手が回らないので、狭い家だと助かります。

空き部屋が減る

狭い家だと必然的に部屋数も減る場合が多いでしょう。

我が家も最低限の部屋数しかありませんが、もし広い家で部屋数が多くても使わなかったら意味がありません。

使わない部屋にお金を払うのはもったいないので、部屋数が減るのは良いことだと考えています。

狭い家のデメリット

ここからは、狭い家のデメリットについて見ていきます。

部屋が狭くなる

狭い家は部屋が狭いので、掃除をする時は楽できますが狭いのが嫌いな人にはデメリットとなります。

広々した空間を求める人は広く大きな家にすべきでしょう。

壁や天井が出っ張る可能性がある

我が家もそうですが、家が狭いが故に配管や階段の部分が出っ張ったりします。

狭い家だと建築上どうしても壁の中に収められない物が出てくる可能性があるので、それを許容できない人にとってはデメリットとなるでしょう。

収納スペースが減る

狭い家は部屋も狭くなりますが、収納スペースも狭くなります。

間取りをうまく工夫すればそれなりに収納スペースは取れますが、広い家よりは確実に収納できるスペースは減るので、荷物が多い人は困るかもしれません。

まとめ

マイホーム

以上が、私が思う狭い家のメリット・デメリットですが、私個人の意見としてはメリットの方が大きいと感じたので狭い家を建てる事にしました。

もちろん、広い家にもメリット・デメリットがあるし、一概にどちらが良いとかはありません。

ただ、自分がどんな家に住みたいのか考える時に、この記事が家づくりや家の購入を考えている方の参考になればと思ってご紹介させていただきました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村