【節約】それって本当に必要?見直して貯金を増やそう!当たり前に購入しがちなもの6選をご紹介

家計管理 節約
スポンサーリンク

私たちの生活で当たり前に購入したり消費している物やサービス。

果たしてそれは本当に必要な物でしょうか?不必要な物にお金を払っていませんか?

ちょこぱんまん
ちょこぱんまん

今回の記事で当たり前を見直すことで、皆様が節約し貯金が増えるきっかけになったら嬉しいです。

当たり前に購入しがちな物やサービス6選

家計管理

ここからは当たり前に購入しがちな物やサービスについてみていきます。

節約のためにも自分にとって必要かよく考えて、必要でないものは購入をやめることも視野に入れていきましょう。

保険

未来のことはわからないからと不安に駆られて、過剰な保障内容の保険に入っていませんか?

現状お金がないのであれば、ある程度の保障内容の保険に入ることは必要だと思いますが、過剰な保障内容の保険に入って高い保険料を支払うのはお金の無駄です。

日本には高額医療費制度や遺族年金などの制度もありますし、今一度保険の内容を見直してみてはいかがでしょうか。

新聞

我が家は新婚の頃に新聞をとっていました。

実家でも新聞をとっていたし、当たり前にあるものだと思っていたからです。

しかし、新聞をとっていてもたまにチラシやテレビの番組欄を見るぐらいで新聞を読むという習慣は無く…

今はテレビの番組表はテレビで表示できる時代ですし、我が家には新聞は必要ないと判断し、とるのをやめました。

ひと月3,000円ぐらいの支出でしたが、年にすれば約36,000円、10年で36万円になるので、やめて本当に良かったです。

もちろん、新聞を読むという人や、新聞紙は窓掃除に使ったり、チラシでゴミ箱を折ったりするのに便利だから必要!という人は必要はありません。

でも、新聞を読まないし、そこまで必要がないのになんとなく新聞をとっているという人は、今後やめることも視野に入れてみてください。

自動車

我が家は自動車必須地域に住んでいるので、車は必要ですが、車はほとんど乗らないという方もいらっしゃると思います。

車はそもそも高い買い物ですし、自動車税やら車検やら点検やら、本当に金食い虫です。

今はカーリースやレンタカーなども充実していますし、そこまで車に乗らない人なら、いざとなればタクシーを使ったほうが安くつきます。

あまり車に乗らないという人は本当に自動車が必要か、よく考えてみてください。

固定電話

今はスマートフォン普及しているので、固定電話を使う機会はめったにないのではないでしょうか?

自宅には固定電話は当たり前にあるものだと思いがちですが、スマートフォンや携帯電話があれば、固定電話がなくても生活できます。

もしも、ほとんど固定電話を使っていないのであれば、解約すると固定費を削ることができるので検討してみてはいかがでしょうか。

出先で買う飲料

水筒

お出かけすると喉を乾く時があると思いますが、そういう時は飲み物を買いますか?

それとも、お出かけには水筒を持参していますか?

飲み物は外で買うと高くつきますが、自宅から水やお茶などを水筒に入れて持参すればかなりコストを抑えられます。

ちょこぱんまん
ちょこぱんまん

もしもあなたが生活するうえでコストを抑えたいのであれば、お出かけの時は水筒を持参するようにしてみてください。

例えば、1回のお出かけにつき飲料に150円ぐらいのお金を使ったとして、週に1回の購入なら年間にすると約8,000円かかります。

家族がいたり、出先で買う頻度が高いともっと費用はかかってきます。

少し荷物にはなってしまいますが、節約したかったら、ぜひお出かけのお供に水筒を持参するようにしてみてください。

あまり利用していないサブスク

今は様々なサブスクがあって、とりあえず入会して月会費や年会費を払っている人ってけっこういますよね。

我が家もいくつかのサービスに年会費を払っています。

しかし、そのサブスクがあまり利用していないものなら、即解約の手続きをしましょう。

毎月数百円でも、積み重なれば大金になります。

もちろん、頻繁に利用するものなら解約の必要はありませんが、使わないものにお金を払うのはもったいないので、ぜひサブスクも定期的に見直してみてくださいね。

まとめ

貯金

節約の基本は無駄を省くことだと思います。

あまり使わなかったり、必要のないものにお金を払っていては節約にはなりませんので、定期的に本当に必要なのか見直してみてください。

そうすれば、無駄が減った分、少しずつ貯金も増えていくはずです(^^♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

↑ポチっと応援していただけると嬉しいです(‘ω’)