衝動買いしてしまう人必見!買い物で浪費しない方法3選

買い物 家計管理
スポンサーリンク

買い物に行くとセールをしていたり、きれいに陳列された商品を見ていると何故か急に欲しくなって、元々欲しくなかった物なのについ買ってしまった!…なんていう経験をした人は多いと思います。

そこで今回は、買い物の時に浪費しないための方法を3つほど紹介します。

クレジットカードを封印

クレジットカードがあるとどうしても予算以上にお金を使ってしまいがち。

でも、クレジットカードはいくらでもお金が出てくる魔法のカードではありません。

支払いは忘れた頃にやってくるのです( ; ; )

そこで、買い物の時に浪費しがちな場合はクレジットカードは自宅でお留守番させるのがおすすめ\(^^)/ 

あと、最近普及してきたバーコード決済なども封印してください。

買い物の時についつい余計なものまで買ってしまう意志が弱い人はニコニコ現金払いがベストです。

然的に手元にある現金分しか買えないので、浪費防止に効果があります!

買い物メモを活用

買い物に行く前に必ず必要な物をメモして、それを持参するようにします。

必要な物をメモしておかないと本当に必要な物が分からず、とりあえず安く売っているものや目についたものを手あたり次第に買ってしまいがちなので、メモ帳やスマホにいるものをメモすることはかなり重要です。

そして、メモした物以外は買わないというルールの下で買い物をすれば余計な物を買わなくて済みます。

ただし、これは絶対にメモしたもの以外買わない!という比較的意志の強い方でないと誘惑に負けて買ってしまうかもしれませんのでご注意を(^^;)

本当に必要か心に問いかける

多くの人は、店頭で安売りなどをしていると、つい買う予定でなかった物まで買ってしまうことが多いと思います。

そこで、突発的に物が欲しくなった時は今一度心に問いかけてください。

コレ、本当に必要?って。

一呼吸置くと人間冷静になれるもので、意外と冷静に考えると必要でない事に気付けるのでおすすめです。

そして、安く売ってるから買うのではなく、本当に必要な物だから買うようにしていかないと、安物買いの銭失いになりかねないので、いきなりセール品に飛びつかないことを肝に銘じておいてください。

【まとめ】お店の戦略に負けない

お店には、消費者に買わせようとする戦略がいっぱい詰まっています。

それに負けて必要でない物まで買ってしまっていては貯金は一向に増えません。

お店の戦略に負けないように、冷静になってお買い物に臨めばきっと節約できるはず!

浪費を防ぐためにも、上で紹介した方法をぜひ試してみてくださいね♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村