【食費節約】まとめ買いをしない方が良い人の特徴5選

節約
スポンサーリンク

食費を節約する上で、まとめ買いが有効だと言われることが多いですよね。

我が家もまとめ買いで食費を節約したりすることが多々あります。

しかし、必ずしも万人にとってまとめ買いが節約に有効というわけではありません。

そこで今回は、まとめ買いをしない方が良い人の特徴をまとめたので見ていきたいと思います。

この記事がおすすめの人
・まとめ買いがうまくいかない人
・食費の節約方法としてまとめ買いを検討中の人

1.まとめ買いをしても食材を腐らせてしまう

まとめ買いでたくさん買い込んでも、買いすぎたことにより食材を腐らせてしまうことがありますよね。

まとめ買いだからとついつい多めに買わなきゃと思って買っても、食材を無駄にしていたら、それは浪費になってしまいます。

まとめ買いをする度に食材を無駄にしているという人は、まとめ買いをやめた方が良いでしょう。

2.物の管理が苦手

物の管理が苦手な人がまとめ買いをした場合、食材をダブらせたりしてしまって結局無駄にしてしまう可能性があります。

また、逆に家にあると思っていたのに実際は在庫がなく、買い忘れたりしていてはまとめ買いになりませんよね。

ですので、物の管理が苦手だという人はまとめ買いにこだわる必要はないと思います。

無理にまとめ買いせず、自分が管理できるだけの食材を買うようにしましょう。

3.家にあったらあるだけ食べてしまう

我が家はみんなお菓子が大好きなのですが、お菓子をまとめ買いをしていたら、すぐになくなっておりました。

我が家では、お菓子に関してはまとめ買いをするとかえって浪費になってしまっていたのです。

ですので、我が家と同じで食べるのが好きで、家に食材やお菓子があると余計に食べてしまうという人はまとめ買いしない方が効果的でしょう。

我が家もお菓子に関しては、最近まとめ買いしないようにしたのですが、その都度買うようにしたらお菓子代を減らせるようになりました。

4.まとめ買いだとつい買いすぎてしまう

まとめ買いだからと言って、例えば3つで○○円で売られている物を、お店の戦略通りに3つ買っていませんか?

もし、本当にそれが3つ必要な物であれば良いのですが、3つをまとめ買いをしてもそのうちの1つを無駄にしていたら意味がありません。

それだったら、1つ当たりの単価は高くても、最初から2つにしておいた方がトータルで安く済みますよね。

まとめ買いになるとつい買いすぎてしまうという人は、まとめ買いより必要な物を必要な時だけ買う方が節約になります。

5.計画的に食材を使えない

献立を考えてから買い物に行ってまとめ買いをしたとしても、考えた献立通りに食材を使えていますか?

私は仕事が忙しい時、献立を考えてまとめ買いしたにも関わらず、結局外出してしまい食材を無駄にしたことがありました。

仕事で疲れたからと言って、結局テイクアウトや外食を利用していては、まとめ買いをした意味がありません。

また、その時の気分で食べたい物が変わりがちな人も、食材を無駄にする可能性が高いです。

結果として、計画的に食材を使っていけない人の場合は、その都度買う方が節約になるでしょう。

まとめ買いがうまくいかない人は無理せずその都度買いをしよう

今回は、節約するためにはかえってまとめ買いをしない方ば良い人の特徴をご紹介させていただきました。

まとめ買いが得意な人は、どんどんまとめ買いで節約すれば良いですが、そうでない人はその都度必要な物を買うようにした方が節約になります。

世の中で一般的になっている節約方法が自分に合っているとは限らないので、自分に合った節約方法で貯金を増やしていきましょう。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村