狭い家でも4人家族がすっきり暮らす間取りやインテリアの工夫

マイホーム 家づくり
スポンサーリンク

我が家は延べ床面積が約30坪の家に住んでいます。

30坪が広いか狭いかは微妙なところですが、広くて解放感があるわけではないので、どちらかというと狭いに当てはまるかな?という感じです。

そこで今回は4人家族の我が家が若干狭い家ですっきり暮らすためにしている工夫について見ていきます。

ちょこぱん
ちょこぱん

ちなみに我が家は、セキスイハイムのスマートパワーステーションアーバンという割と狭小地向けなコンパクトな家を建てました。

この記事がおすすめな人
・これから注文住宅を建てる人
・狭めな家に住んでいる人

狭い家に施した間取りの工夫

はじめに、狭い家に施した間取りの工夫について見ていきたいと思います。

(この記事に画像がいくつか出てきますが、我が家の実際の写真ではなくイメージです)

LDKは極力壁などを無くし開放的にする

我が家のLDKはリビングとダイニングの間の壁を無くしました。

こんなイメージです。

実は、家を建てる前は油の跳ねを気にして、コンロの前だけ壁をつけるか迷っていました。

しかし、唐揚げなどの揚げ物は大体ラクッキングリルで作っていますし、そんなに油が跳ねる調理もしないので、壁をなくして開放的にできて良かったです。

壁があるとこんな感じにります

ただ、リビングダイニングの間に壁があることはデメリットばかりではありません。

リビング側への油跳ねを心配する必要もありませんし、リビング側からは見えないようにしたいものは壁のある方に置けば隠せます。

だから、多少狭く見えても油跳ねを予防したいとか、隠したいものがある人にはリビングダイニングの間に壁があっても良いと思います。

居室を広く取るために極力廊下をなくす

我が家では、無駄なスペースを省くために廊下は最低限しかありません。

特にリビングがある1階は各部屋が繋がっているので、廊下はほぼないと言っても過言ではありません。

ちょこぱん
ちょこぱん

ちなみに2階には3部屋あるので、各部屋を繋ぐ廊下があります。

2階の廊下はこんなイメージです。

リビング横の畳コーナーは仕切らない

我が家にはリビングの横に畳コーナーがあります。

しかし、扉で仕切ったりはせず、開放的になるようにしています。

ただ、突然の来客時に物を放り込んで閉めて置けるようにロールカーテンだけは取り付けてあります。

普段は開けっぱなしなので畳コーナーの分も加算されてリビングが少し広く見えます

狭い家に施したインテリアの工夫

ここからは、狭い家に施したインテリアの工夫について見ていきたいと思います。

関連記事もありますので、よろしければこちらもどうぞ↓

床や壁紙、カーテンを明るい色にする

窓辺

我が家では開放感を出すために壁紙や床材、カーテンの色を明るくしました。

部屋全体が明るいので、とても開放感があります。

ただ、デメリットがあるとしたら、床材が明るい色なので落ちた髪の毛が目立つこと。

こまめな掃除が必要なので、掃除の頻度が上がって良いんですけどね。

家具をコンパクトで高さの低い物にする

家具は大きな物を置くと部屋が狭く見えてしまうので、コンパクトな物を置いています。

ソファーやダイニングテーブルは最低限の大きさですし、テレビボードも高さが低いものにしました。

ちなみにソファーはこちらのショップで購入したものを使っておりますが、コンパクトなサイズで気に入っています↓

造作家具以外は極力置かない

窓辺

前に住んでいた借家は、広い家でしたがリビングに収納が全くありませんでした。

ですので、リビングに収納を置いていたら結局ごちゃごちゃしてしまい、広い部屋が台無しに…

その点、新しいマイホームでは収納なども造り付けなので、収納をわざわざ買っておく必要がありません。

リビングに置いているのは、テレビボード、ソファー、ダイニングテーブルセットだけなので、スッキリしています。

収納は多めにする

家を建てる時に収納は多めに作ってもらいました。

物を極力出しておきたくなかったので、デッドスペースなどを利用して収納を多くしてもらったのは正解でした。

とは言っても、ズボラな住人が住んでるので人が来る時以外は散らかり気味ですが…

ただ、人が来る時は収納にしまってしまえばスッキリするので、物が収まらないという事はありません。

むしろ、まだ収納には余裕があるので、多めに作っておいて良かったです。

ちょこぱん
ちょこぱん

これから子どもが大きくなると物も増えていくでしょうしね。

おわりに

明るいリビング

今回は、狭い家で4人家族がすっきり暮らす工夫についてご紹介させていただきました。

敷地や予算の都合上、そこまで大きな家は建てられませんでしたが、狭い家でも工夫次第で快適に暮らせています。

今回の記事が家づくりをするにあたって何かの参考になったら嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家づくり
スポンサーリンク
節約主婦のやりくり家計簿