節約は何から始めたらいいの?貯金を増やすためのコツ7選

札束家計管理
スポンサーリンク

貯金を増やしたいと思っても、節約を始めたばかりだと何から始めるのかわからないという方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、節約初心者の方におすすめの貯金を増やすためコツを7つご紹介させていただきます。

この記事がおすすめな人
・節約初心者
・貯金を増やしたい人

収入アップを目指す

収入アップ

貯金を増やすために、まず節約を考える人が多いと思いますが、収入アップもぜひ目指してください。

節約には限界がありますが、収入を増やせばそれをカバーできるからです。

働いていない人は仕事を始めたり、働いている人は給料の良い仕事に転職したり、副業を始めたりすると一気に貯蓄ペースが加速しますよ。

ちょこぱん
ちょこぱん

私もパートを増やしたり副業をすることで収入アップに成功しました。

生活コストを下げる

コストカット

貯金を増やすためには収入−支出で残るお金を増やさねばなりません。

そのために生活コストを下げる努力をしましょう。

生活コストの下げ方はこちらの記事もおすすめなので参考にしてください。

変動費の予算を守る

家計管理

固定費はある程度、支払う金額が決まってくる支出ですよね。

一方、変動費は自分のお金の使い方次第で支出を減らすことが可能です。

ですので、変動費はいくらまでという予算を決めて、それを守るようにしましょう。

変動費は節約する上で手をつけやすい項目です。

予算しっかり決めて守る事を徹底すると、使い過ぎを防げるのでおすすめです。

使う口座と貯める口座で口座を分ける

家計管理

貯金をするためには、お金を使う口座と貯める口座をごちゃ混ぜにしない方が良いです。

混ぜてしまうと、使えるお金が多いと錯覚して余分にお金を使ってしまいがちです。

こちらは使う予定のあるお金を入れる口座、あちらは貯蓄専用の口座…と分ければ誤って貯蓄まで使う心配がなくなります。

ですので、口座は必ず分けるようにしましょう。

ちょこぱん
ちょこぱん

昔、同じ口座にお金を入れていたらいつの間にかお金がなかった・・・ということがあったので、皆様はご注意くださいませ(;’∀’)

先取り貯蓄をする

貯金をするなら先取り貯蓄をしよう!とよく言われると思います。

これは正しくて、残ったお金を貯めようという考えでは貯金が貯まらない可能性が高いです。

うっかり使ってしまう前に、積立定期預金、財形貯蓄、つみたてNISAなどを利用し、強制的に貯蓄を先取りして貯めるようにしましょう。

※つみたてNISAは減るリスクもありますのご注意を!

残し貯めをする

家計管理

先取り貯蓄をした上で、残し貯めもできる限りするようにしましょう。

具体的には、やりくり費などが残ったら、そのお金を貯める用口座に移すと良いでしょう。

ちょこぱん
ちょこぱん

残るお金が少ない金額でも、チリツモで貯金すればけっこういい金額が貯まりますよ。

臨時収入も貯金する

生活していると時々、臨時収入が手に入ることもあると思います。

そういった臨時収入って、つい使ってしまいがちですよね。

ですが、貯蓄を増やすためには使う前に貯める用口座に移すのがおすすめです。

臨時収入は元々ないはずだったお金であることが多いと思います。

元々無いものだからこそ無理なく貯金できるので、ぜひ使わずに貯めてください。

家計簿や家計簿アプリで家計をチェックする

家計簿

節約初心者の人には家計簿家計簿アプリを利用して、家計の状況をチェックする習慣をつけて欲しいです。

手書きの家計簿でも良いですが、なかなか続かない人が多いと思いますので、そういった方は家計簿アプリを利用するのがおすすめです。

家計簿アプリだと比較的簡単に収支の記録を残せますので、続けやすいのがメリットでしょう。

ちょこぱん
ちょこぱん

私も手書きの家計簿は続きませんでしたが、家計簿アプリは楽なのでもう何年も続けられています。

おすすめ家計簿アプリ

スマートフォン

ここからはおすすめの家計簿アプリを簡単にご紹介します。

※各家計簿アプリには有料プランと無料プランがあり、有料プランの方ができることが増えます。

マネーフォワードME

マネーフォワードMEは多くの金融機関との連携が可能で、資産管理、家計管理におすすめです。

資産の内訳や資産の推移が見やすいので、資産管理に向いたアプリです。

Zaim

Zaimも金融機関との連携が可能ですが、連携できる金融機関はマネーフォワードよりは少なめ。

ですが、レシートの読み取り機能が優秀だったり、入力がしやすいので、家計管理初心者におすすめです。

OshidOri(オシドリ)

夫婦やカップル向けの家計簿アプリで、2人のお金と自分のお金を分けて管理できるのが魅力です。

金融機関連携も可能となっています。

また、オシドリには貯蓄目標を設定してパートナーとの共有もできます。

どちらか1人が頑張りがちな家計管理を2人で共有できるので、パートナーがいる人におすすめの家計簿アプリです。

おわりに

今回は節約初心者におすすめな貯金を増やすためのコツをいくつかご紹介させていただきました。

中でも、家計簿アプリでの家計管理は比較的手をつけやすいと思うので、節約初心者におすすめです。

いきなり全てをやろうと思うと大変かもしれませんが、今回ご紹介した中で出来ることから始めてみてください。

そうすれば、きっと貯金を増やすことができるでしょう。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村