なかなか続かない家計管理を続けるコツはルールをシンプルにすること

家計管理家計管理
スポンサーリンク

家計管理をしっかりする!と決めても続かないことってありますよね。

その原因の一つとして考えられるのが、家計管理のルールが複雑化しているということ。

そこで今回は家計管理を続けるコツをご紹介していきます。

この記事がオススメな人
・家計管理初心者の人
・家計管理が続かない人
・家計管理をシンプルにしたい人

【結論】家計管理を続けるコツはシンプルにすること

家計管理

初めに結論から言わせてもらうと、家計管理が続かない人が続けるためのコツは、家計管理をシンプルな方法にすることです。

家計管理は複雑にすればするほど、多くの人は面倒になってしまい続きません。

そこで、家計管理のルールをシンプルにすることをおすすめします。

家計管理を複雑化すると続かない

家計簿

家計管理初心者にありがちなのが、頑張りたい気持ちが先走りすぎてルールを複雑化してしまうことです。

しかし、いきなり複雑に項目分けされた家計簿をつけたり、買い物で貰うレシートの品目まで細かく書くなんて事は続きません。

また、項目ごとに細かく予算を決めて袋分けするなんて事も多くの人は続かないですよね。

もちろん、家計管理が得意で、複雑化した家計管理でもこなせてしまう人もいますが、続かない人はルールをシンプルにしてみましょう。

おすすめの家計管理をシンプルにする方法6選

ここからは、家計管理をシンプルにするうえでおすすめな方法をご紹介していきます。

家計簿の項目は細かく分けすぎない

家計管理

しっかり家計簿をつけようとして、家計簿の項目をすごく細かく分けていませんか?

家計簿の項目を細かくするということは、それだけ支出を細かく分類しないといけないということです。

そして、そうすることでこれは何費に当てはまるの?と悩むことが増えてしまいます。

その手間を減らすためにも、家計管理が続かない人は家計簿の項目はあまり細かくしないようにしましょう。

市販の家計簿でも、家計簿の項目が少ないものもありますので、項目が複雑だと面倒かも…という方はぜひ試してみてください。

こちらのSNOOPYかんたん家計簿はシンプルに3項目だけなので、難しいことは考えたくないという人におすすめです↓

ざっくりと家計簿をつける

家計管理

家計簿をつける時に、レシートで買ったものの金額まで細かくつける方法もありますが、実際面倒ですよね。

細かくつけるのが好きな人には向いている方法かもしれませんが、私は一度試してすぐに挫折しました。

そして今は、家計簿はざっくりとつける方法で落ち着いています。

例えば、スーパーで買い物したものは食費に分類し、ドラッグストアで買った物は日用品に分類するなど、店ごとで分けてしまうのです。

もしも、スーパーで食品以外にも日用品も少し買ったとしても、わざわざ分けたりはせずに、そのスーパーでの買い物は食費に分類してしまいます。

細かくつけたい人には向かない方法ですが、私みたいにいちいち分けたりするのが面倒くさい!という人にはけっこうおすすめです。

予算は大きな括りで考える

家計管理

予算を考える時に、食費はいくらで、日用品はいくらで…と細かく分けている方も多いと思います。

しかし、この方法もけっこう面倒ですよね。

ですので、我が家では管理可能な支出(変動費)はやりくり費として予算設定しています。

食費、日用雑貨費、衣服美容品、娯楽費、その他をやりくり費として大きな括りで考えているので、その中での細かい予算設定はしていません。

ただし、我が家では1日3,000円というやりくり費予算のルールを作って生活しています。

家計簿アプリを使う

スマートフォン

家計管理が続かない人に1番おすすめしたいと言っても過言ではないのが家計簿アプリです。

家計簿アプリは、入力したり、金融機関との連携をすればあとは勝手に計算してくれるので、とても管理が楽です。

手書きの家計簿のようにいちいち書いて、計算して、という手間が省けるので、家計簿をつけるのが手間だったり、時間が取れない人にはぜひ使って欲しいです。

ちょこぱん
ちょこぱん

我が家でも家計簿は手書きではなく家計簿アプリを愛用しています。

お金を振り分ける通帳を減らす

家計管理

家計管理でよく見かけるのが、あちこちの通帳に細かく分類して貯金をしているケースです。

しかし、それって面倒ではありませんか?

管理する通帳が増えますし、振り分けも面倒です。

もちろん、細かくお金を分けておいた方が良いと言う人には良いと思いますが、私みたいにズボラな人には向かないでしょう。

ですので、通帳は貯める口座、使ってもいい口座、引き落とし用の口座ぐらいに分けておくのがおすすめです。

現在、たくさんの口座を持っているという人は、よく使う銀行に絞って通帳も減らしてみてくださいね。

クレジットカードを減らす

銀行口座と同様にクレジットカードもあまりたくさん持つのはおすすめしません。

もちろん、たくさんのカードを持っていて各カードの特典を最大限に活用できる人は良いですが、そうでない人は減らしましょう。

ポイントが分散してしまいますし、年会費があるカードだったら、元を取れる可能性が低くなります。

ちょこぱん
ちょこぱん

それに、たくさんのカードを持ちすぎて管理が行き届かず、うっかり支払いが遅れると信用情報にも関わりますしね(・・;)

おわりに

家計管理を続けるのってなかなか大変ですよね。

しかし、続かない原因が複雑化してしまっている事であれば、シンプルな方法に変えてしまいましょう。

そうすれば、家計管理を続けることができるかもしれません。

もちろん、シンプルにする方法も人によって合う合わないあると思いますので、色々試して自分に合った方法を見つけてくださいね。

この記事が家計管理が続かなくてお悩みの方の参考になっていたら嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村