食材を腐らせてしまう方必見!冷凍食品を上手に取り入れて節約しよう!

冷凍保存 節約
スポンサーリンク

食材の中でも、とりわけ生鮮食品は日持ちしないので腐らせてしまうことがありますよね。

今回は、食材をよく腐らせてダメにしてしまう方に冷凍食品の節約効果や魅力についてお伝えしていこうと思います。

冷凍食品は日持ちするので節約向き

冷凍食品は低温で保存することで食材が日持ちするので、うまく使えば食品ロスを減らし、食費を節約することができます

野菜や肉など、傷みやすい食材であっても、冷凍すれば通常よりも長く保存できるので、本当におすすめです。

今はさまざまな冷凍食品があり、カット野菜、肉、魚を始めとして、レンジでチンするだけで食べられる麺類やチャーハン、たこ焼きなど、本当に便利な物が売っていますので、これを活かさない手はありません。

市販の冷凍食品で調理が楽になる

先ほどもお話ししたように、市販の冷凍食品は、温め直すだけですぐに食べられる物が多いです。

あとは、冷凍の肉や野菜などに関しても、カットしてあってそのまま調理に使えるものが多いので、利用すると調理が本当に楽です。

日持ちもするし、調理も楽になるので一石二鳥ですね。

自分で冷凍したらもっと節約できる

冷凍食品は市販の物で便利な物がたくさん販売していますが、自分で食材を冷凍すればもっと節約できます

例えば、精肉コーナーで買った肉をラップで小分けにして包み、ジップロックなどの保存袋に入れて保存するだけでも、市販の冷凍食品を買うより節約できるでしょう。

ちょこぱんまん
ちょこぱんまん

私はズボラなので、面倒な時は買ってきたお肉のパックごと冷凍することもあります(笑)

野菜だって、下処理をして保存袋に入れて保存すればかなり節約になりますよ。

玉ねぎなんかは冷凍した方が火の通りが良くなるので、みじん切りやスライスしたものを冷凍しておくとハンバーグやカレーなどに使えて便利です。

冷凍できない食材もある

冷凍できる食材は数多くありますが、冷凍できない食材や冷凍に向かない食材も多々あります

冷凍すれば日持ちするからといって、なんでもかんでも冷凍せず、冷凍できる食材なのかきちんと調べるようにしてください。

ちなみに、冷凍できるけど、冷凍すると食感が変わる食材も多くあるので、そういった食材は下処理が必用になることがあります。

例えば、ジャガイモなんかは冷凍すると食感がかなり変わるので、マッシュポテトにしてから冷凍するのがおすすめです。

冷凍食品にも期限はあるのでご注意を

いくら日持ちするといっても冷凍食品にも賞味期限、消費期限はあります

賞味期限なら少し期限が切れていても食べられますが、消費期限切れの物は食べない方が無難でしょう。

また、自分で冷凍した食材で、いつから冷凍庫に入れてあったかわからないような物も食べるのはやめてくださいね。

冷凍してあっても、冷凍庫だって開け閉めするので温度の変化がどうしてもありますし、食材はいつかは腐ります。

ちょこぱんまん
ちょこぱんまん

冷凍食品だからといって過信し過ぎないようにご注意ください。

おわりに

冷凍食品や、自分で冷凍した食材をうまく活用すれば、普段腐らせてしまっていたような食材でも日持ちさせることができます。

食材が日持ちすれば使い切れる可能性も増えて、食品ロスが減り、節約効果も上がります。

食材を腐らせてしまいがちな方は、ぜひ冷凍食品をうまく活用して節約に繋げてくださいね(^^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村