玄関のスマートキーはいる?いらない?使って感じたメリット・デメリット

家と鍵家づくり
スポンサーリンク

最近は玄関にスマートキーを採用する方が増えてきたように感じます。

しかし、従来の鍵に慣れている人にとっては、スマートキーってどうなの?って不安になりますよね。

そこで今回は、スマートキー使って感じたことと、メリット・デメリットをご紹介していきます。

この記事がおすすめの人
・スマートキーをつけるか迷っている人
・スマートキーの使い勝手が知りたい人

スマートキーをつけて良かった

私は注文住宅を購入するにあたって、スマートキーを採用しました。

そして、結論から言えば、スマートキーをつけて良かったと思っています。

昔からある、ごくごく一般的な鍵しかつかったことがなかったので、つけるかすごく迷いました。

ですが、夜遅くに帰宅した時にごそごそカバンから鍵を探したり、荷物が多くて大変な時に鍵を開けたりするのが解消するならと、新居ではスマートキーを導入しました。

最初は自動ロックで閉め出されたらどうしようと不安でした。

しかし、普段から鍵を持ち歩くようにすれば大丈夫ですし、便利さが優って今ではスマートキーなしの生活は考えられません。

スマートキーってどんなの?

我が家では主にYKKAPのポケットKey(以下リモコンキーと呼びます)を使っています。

使い勝手は自動車のリモコンキーと同じ感じです。

しかし、カードキーや非常用(予備)の鍵も一緒に貰ったので、今後子どもたちが留守番するようになったら持ってもらう予定です。

一応鍵にはモザイクをかけています

カードキーはかさばらないし、かざすだけでドアが開くので便利です。

スマートキーのメリット

ここからはスマートキーのメリットについて見ていきます。

鍵を探さなくて良い

スマートキーがある新居に住むまでは、普通の鍵を使っていました。

しかし、普通の鍵は鍵穴に鍵を入れて回さねばならないので、カバンなどから取り出す必要がありますよね。

カバンの奥底に入っていると、取り出すのに苦労するなんてこともありました。

しかし、スマートキー(リモコンキー)ならドアに近づいてボタンを押すだけでドアが開きます。

鍵をいちいち取り出さなくて良いので本当に便利です

手が塞がっていても鍵を開けやすい

買い物

買い物をたくさんした帰り、手に荷物をたくさん持っているのに鍵を開けるのは面倒ですよね。

しかし、スマートキーならボタンを押すだけで開くので、手荷物が多くても、鍵を開けることができます。

我が家では荷物は私が持って、子どもにドアのボタンを押してもらって開けることが多々あります。

荷物を下ろしたりせずにいっぺんに運べるので助かっています。

自動車のスマートキー様に少し離れた距離からも開け閉めできる

スマートキーは、自動車よりはドアに近い距離にいる必要がありますが、ある程度離れていてもリモコンキーのボタンでドアを開け閉めできます。

私は心配性なので、ドアが閉めたか心配な時は、車の中から鍵を閉めることがあります。(駐車場から出る時にちょうど家の前を通過するので)

いちいち車から降りなくて鍵を閉めたか確認しなくて良いのでめちゃくちゃ楽です。

ちょこぱん
ちょこぱん

ズボラなくせに心配性の私には、少し離れた位置から鍵を閉められるのは本当に助かっています。

子どもでも開けやすい

スマートキーは、リモコンキーならボタンを押すだけで、カードキーならかざすだけで開けられるので、ドアノブのボタンに手が届けば子どもにも開けられます

普通の鍵だと、小さい子は鍵を回すのが大変だと思いますが、子どもにも開けられるので助かります。

先ほど述べたように、自分の手が塞がっていても、鍵を持っている私がドアに近づいて、子どもにドアを開けてもらうことができますしね。

スマートキーのデメリット

今度は、スマートキーのデメリットについても見ていきます。

設置費用が高額になりがち

スマートキーは一般的な鍵より設置費用が高額になりがちです。

そこはデメリットですが、私は高いなりに値段分の価値はあると思っています。

電池切れの時戸惑う可能性がある

スマートキーは電気で動いているので、例えばリモコンキーの電池が切れたりするとドアが開きません。

普段ボタン一つで開けている人にとっては、こうなってしまうとちょっとしたパニックになる可能性がありますよね。

しかし、電池切れでも非常用の鍵がついているので、一般的な鍵と同じように開けることも可能です。

しっかり電池切れの時のことも考えておけば、急な電池切れでも焦らずに解錠できますのでご安心を。

非常用の鍵でのドアの開け方(我が家のYKKAP製リモコンキーの場合)

電池切れで困ったら、以下の手順で非常用の鍵を取り出してドアを開けることができます。

下の画像のように、リモコンキーの裏についているツメをスライドしながら鍵を引き抜くのです。

そうすると、下の画像のように非常用の鍵が出てきます。

一応モザイクをかけさせてもらっています

そして、ドアノブの上部をパカっと開けると鍵穴がありますので、普通の鍵と同じようにして開けることができます。

これを知っておけば、万が一の時も安心ですね。

カードキーだと停電の時に困る可能性がある

リモコンキーを持っていれば、電池切れや停電時にリモコンキーに付いている非常用の鍵でドアを開けることができます。

しかし、カードキーしか持っていない場合は、停電時にドアを開けることができません。

これに対処するために、カードキーをメインで使う人は、非常用の鍵もセットで持ち歩くようにしましょう。

そうすれば、停電時にも家に入ることができます。

自動施錠によって家に入れなくなる可能性

リモコンキーを家の中に置いたまま家から出てしまうと、自動施錠によって閉め出されてしまう可能性があります。

一般的な鍵ならそのような心配はありませんが、スマートキーだとこういった心配は付き物です。

対策としては、鍵をきちんと持ち歩くか、自動施錠モードを解除しておくと閉め出しに合わずにすみます。

ちなみに我が家の場合、自動施錠の解除方法が取扱説明書に載っていました。

メーカーによってできるできないがあるかもしれませんが、自動施錠による閉め出しが心配な人は一度取扱説明書に目を通してみると良いでしょう。

ドアから2.5m以内にリモコンキーを置けない

世の中には、出かける時に持ち出しやすいので玄関に鍵を置いているという方は比較的多いと思います。

しかし、我が家のYKKAPのスマートキーは、「置き忘れ防止機能」(玄関ドアのそばの室内にリモコンキーあっても外から鍵を開けられないようにする機能)というものがついていますが、念のために玄関ドアの2.5m以内にリモコンキーを置いてはいけないそうです。

確かに、万が一誤作動を起こして外から開けられてしまったら困るので、玄関から離れた位置にリモコンキーを置くようにしていますが、鍵の位置に気を使わないといけないのはデメリットですね。

ちょこぱん
ちょこぱん

とは言え、鍵は基本的にカバンに入れっぱなしにしているので、さほど困ってはいませんが。

スマートキーは後付けできる?

家を建てる前の人は、家を建てる時にスマートキーをつければ良いですが、そうでない人は後付けすることになりますよね。

今は後付けできる物も多数出ているので、今は普通の鍵だけどスマートキーに変えたいという人も後付けが可能です。

ただし、スマートキーの採用を考えていても、もしかしたらドアの種類によっては出来ない物もあるかもしれません。

自宅のドアがスマートキーの後付けができるかよく確認して、取り付けるようにしてくださいね。

おわりに

並んだ家

スマートキーにはデメリットもありますが、私としてはメリットの方を多く感じてます。

スマートキーにしてから、玄関先で鍵を探したり、荷物を一度下ろしたりするという手間とストレスがなくなり、快適そのものです。

マイホームを建てる時に、今住んでいる家よりも快適な家にしたいと思っていたのですが、スマートキーのお陰でそれが叶いました。

この記事が、スマートキーをつけるか迷われている方の参考になっていたら嬉しいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村