ピンク色に変色!?日焼け止めがついた衣類に塩素系漂白剤を使うのはちょっと待って!

ハイター 暮らし・お役立ち情報
スポンサーリンク

汚れた衣類を漂白する時、塩素系漂白剤を使うことがあると思いますが、使う時にある事に注意しないと、逆に変色してしまいます。

今回は、私が塩素系漂白剤で失敗した時のことをご紹介します。

この記事は、漂白剤で失敗したくない方におすすめの内容となっております。

日焼け止めがついた衣類を漂白するとピンク色に変色してしまう

結論から言いますと、私は衣類に日焼け止めがついているのに気づかず、漂白剤を使ってピンク色に変色させてしまいました

女性なら首とか腕などに日焼け止めを塗ることがあると思います。

そして、どうしても肌に塗った日焼け止めは着ている衣類にもついてしまいますよね。

しかし、その衣類をそのまま漂白剤にさらしてしまい、漂白するどころかピンク色に変色してしまったので本当に困りました。

ピンク色に変色してしまった時の対処法

服がピンク色に変色して焦った私…

漂白剤はハイターを使ったのですが、裏の注意書きを見たら対処法までしっかり載っていました。

それによると、変色してしまった場合は衣類用液体洗剤を変色してしまった箇所に塗布して揉み洗いをするとの事でした。

ハイターの裏の注意書き

対処法を試した結果

一度のもみ洗いではなかなか落ちなかったピンクの変色でしたが、何回かもみ洗いし、やっと落とすことに成功しました。

軽く洗うぐらいではなかなか落ちなかったので、根気よく洗うことをおすすめします。

それにしても、注意書き通りに対処したらピンク色が落ちて本当に良かったです。

ちょこぱんまん
ちょこぱんまん

ピンク色になってしまった時は元に戻らないんじゃないかと絶望してましたからε-(´∀`; )

おわりに

夏は日焼け止めをしっかり塗るし、また、汗をかきやすい時期で衣類の襟元や袖口を漂白する機会が多くなるかと思います。

しかし、漂白剤を使う前には日焼け止めの成分をしっかり落としてからでないと、ピンク色に変色して大変な事になるかもしれないのでご注意ください。

今回は何回かもみ洗いして落ちましたが、なかなか色が落ちづらい衣類もあるかもしれませんし…

とにかく、漂白剤や洗剤などを使う時には、説明をしっかり読んでおくことをおすすめします

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村