【我が家で実践!】1年で100万円貯金を達成するための方法

家計管理
スポンサーリンク

100万円というキリの良い金額を貯金目標としている家庭って多いのではないでしょうか?

かく言う我が家の目標も年間100万円の貯金を達成することです。

今回は、この目標を達成するために我が家が行っていることについて紹介していきます。(家計管理初心者におすすめな内容となっております)

スポンサーリンク

100万円をどこから捻出するか考える

100万円をただ漠然と貯めるぞ!と思っていても、世の中そんなに甘くはないので、恐らくよっぽどの高給取りでもない限り100万円は勝手に貯まることはありません。

そこで我が家では、まず100万円を貯めるためにどこからお金を捻出するのかを考えています。

我が家の場合は、毎月の給料、年2回のボーナス、児童手当が主な収入源ですので、この中から貯金分を捻出しています。

どこからいくら捻出するか

これはあくまでも我が家の場合ですが、児童手当から年24万円(子ども2人分)、毎月の給料から積立定期預金や学資保険といった強制的に貯まる貯金があるので、年に約40万円はブレずに貯金しています。合わせて約66万円ですね。

すると100万円までは残り36万円。それを毎月の給料の残り、若しくはボーナスから貯金しないといけないということがわかります。

ボーナスからは特別費も捻出しているので、その兼ね合いもありますが、夏と冬のボーナスから36万円は確実に貯金用に取り分けるようにします。

貯金用の口座にお金を入金する

貯金用の口座を用意せずに、引き落としがある口座にお金を入れておくと貯金分のお金を使ってしまうことがあるので絶対に貯金用口座を用意することをおすすめします。

そして、各収入源から捻出した貯金はそこに入れるようにします。

貯金とそうでないお金を分けることで貯金に手を出し辛くなるので、お金を混ぜるのだけは絶対にしないようにしましょう。

残し貯めもどんどんしよう

貯金をするためにお金を先取りしておくのは基本中の基本ですが、やりくりをしていく中で余るお金があったらそれもどんどん貯金すべきです。

余ったからといって無駄なことに使うぐらいなら、さっさと貯金用口座に入金してしまった方が貯金のペースも上がるので早く100万円を達成できます。

我が家でもやりくり費が残った場合、僅かな金額であっても貯金に回しています。

まとめ

1年で100万円を貯めるためには、計画的に貯金をしていく必要があります。

そして、どこからいくら貯金するのかということをしっかり把握して、捻出したお金を貯金用口座に移すという流れをきちんと実行することでお金は貯まっていきます。

私も、漠然とお金貯めたーい!と思っていてもお金が貯まることは一度もなかったので、お金を貯めるにはしっかりと計画を立てるところから始めてくださいね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました