食材のまとめ買いは節約になる?食費節約のために無駄なくまとめ買いするコツ

節約
スポンサーリンク

食材の買い物に行く時、回数が多いほど余計な物を買ってしまいがち…

しかし、まとめ買いをすれば余計な物を買う回数が減るかもしれません

そこで今回は、まとめ買いを効率的に行うためのコツについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

献立を立てる

まとめ買いをするにあたってまずやって欲しいのが欲しいのが、献立を立てることです。

1週間分ぐらいまとめ買いできるように、献立を立ててみましょう

あまり長い期間だと食材が傷んでしまいますし、短くてはまとめ買いの意味がなくなるので、5〜7日分の献立を立てるのがおすすめです。

献立の立て方を工夫する

献立は、食材の賞味・消費期限を考慮して立てましょう。

期限の短い食材は早めに使うようにし、逆に期限が長い食材は後で使うように考えると良いです。

家にある食材の確認

献立を立てたら、家にある食材の確認をしましょう。

逆に、食材の確認をしてから献立を立てても良いです。

とにかく、重複して買ってしまうのを防ぐために、家にある食材を確認しておきましょう

買い物リストの作成

買う必要があるものがわかったら、買い物リストを作成します。

紙のメモ帳に書いても良いし、スマホのメモ機能やアプリを使っても良いです。

私のおすすめは、To doリストを作成するアプリを使うこと

アプリにメモした食材を、カゴに入れながら消去していけば買い忘れを防げます。

買い過ぎに注意する

せっかくまとめ買いで買い物に行く頻度を減らしても、買いすぎて腐らせたりしたら意味がありません。

まとめ買いの節約効果を最大限に発揮するためにも、消費し切れる量を考えて食材を購入しましょう

保存のきく食材を多めに買う

買い過ぎに注意していても、やっぱり食材を使い切れる自信がないという方もいると思います。

ですので、そういう方は冷凍できたり、常温で長期間保存できる食材を多めに買うようにしましょう

そうすれば、傷んで無駄になる可能性がグッと減ります。

日持ちするように加工したり作り置きする

食材を買ってきた後は、日持ちしにくい食材や、調理した方が長持ちする食材は日持ちするように加工したり、作り置きおかずに変身させてしまいましょう。

その方が食材を余すことなく利用することができます。

おわりに

今回は、食材のまとめ買いをするときのコツについてご紹介させていただきました。

買い物に行く回数が多いと、その分余計な物まで買ってしまうという人は、ぜひまとめ買いに挑戦してみてください。

買い物の頻度を減らせば衝動買いの回数が減って、節約に繋がるはずですから。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました